グループホーム
(認知症対応型共同生活介護事業)
しいえす
松戸市介護保険指定事業所
メイン画像

グループホームしいえす幸田 千葉県松戸市幸田3-15
グループホームしいえす常盤平 千葉県松戸市常盤平3-13-2


基本的理念

グループホームとは

情報をやりとりする力が弱まり、ストレスにとても弱いのが認知症の方です。
そんな特徴に配慮した環境と人のかかわりあいがあると、認知症の方でも秘められた自分の力
を生かしながら、穏やかに誇りをもって暮らせることができます。
そのための認知症高齢者が安心して暮らせる自宅に代わる住居をグループホームといいます。

グループホームとはこんなところ
  • 生活援助を要する少人数(18人)の認知症の方が、規則に縛られることなく自分のペースを保ちながら共に暮らしています。
  • ほっと安らげるような家庭的な住まいであり、とまどいやすい認知症の方の心とからだを支える配慮がなされています。
  • 認知症のお年寄りのケアをよく知っている馴染みの職員が生活を共にしながら見守り支えます。
  • 町に出て、地域の人や自然とふれあいながらの普通の暮らしです。
  • 入居者を中心に職員はもちろん家庭や地域のさまざまな人々が暮らしを支えます。

(公益社団法人  日本GH協会より抜粋)

▲ ページのトップへ戻る